無料体験 お問い合わせ
ブログBlog

少子化なのに不登校が増えている!?

 

不登校生の数が19万人

割合が増えているというのは感覚的には分かるのですが、同じ基準でとったデータで明らかに数万人単位で増えているということと、ご存知の通り少子化なのに数万人単位で数が増えているということはものすごい増え方をしているのだと思っています。

 

日本の教育が不登校というものを受け入れないといけない、もったいない

学校に行けないことを学校に行くのが苦手な子と言う言い方をよくします。学校に行くのが苦手、つまり「足が遅い」「歌が下手」「ドッジボールですぐに当てられて外に出ちゃう」ということとほぼ同じだと思っています。

 

鉄棒が苦手なだけで生きるのが嫌になってしまう、家族中で悩みのどん底に落ちてしまうということはないですが、ただ鉄棒ができて当たり前の世の中だと、鉄棒が苦手と言うとやはり生きていけないぐらいのつらさを味わうのだと思います。

 

学校に行くのが苦手なだけで、全て否定されてしまうような風潮、習慣、教育は何とかしないといけない

 

本当に子供たちのことを考えるのであれば、苦手なことばかりを言うよりも、「これは苦手だけどこれは得意」「これはできないけどこれはできる」という誰にでもあるようなシンプルなことをちゃんと見てあげることが本当に大事です。

 

と言っても大人はいざ日常生活になると、やはり学校に行っていないことはダメなこと、学校に行かないとまともに働けない、と思ってしまうのですが、大人がそうこうしている間にも着実に才能は失われていっています。

 

やはり大事なのは、大人が勇気を出して、学校に行っていない子であろうと行っている子であろうと、得意なことと苦手なことがあるという目でちゃんと不登校を見てあげることです。

 

動画はこちら

 

ご相談はこちら

なにをどこへどう相談したらいいのかわからない…
そのような方こそ、ぜひお気軽にお問い合わせください。不登校の原因が様々であることは言うまでもありませんが、その後の対応も環境や状態によって様々であり多岐に渡ります。

 

どのような状況でもあきらめることなく、確実に前進できるようにサポートさせて頂くことがREOの使命です。

 

悩みをひとりで抱えることなく、まずはお話を聞かせて下さい。

 

ご相談はこちら

 

関西にお住まいの方はこちら

ブログ一覧へ
Copyright (C) REO. All Rights Reserved.