無料体験 お問い合わせ
ブログBlog

【不登校】元気になってきたと思ったら…

 

元気になってきたと思ったらまたずいぶん落ち込むようになった

頑張って回復してきたのに、「またずいぶん落ち込むようになった」「また動けなくなった」「結局何をやっても上手くいかない」「せっかく元気になってきたのに」という風に落ち込んだご相談がありますが、回復してきたのにまた落ち込むようになった、また動けなくなったというケースはすごく多いです。

 

どうしても回復しかけてきて、その後何か壁に当たるということはよくあることで、例えばずっと何も手につかなくて、部屋からも出られなくて、ずっと何もしないで過ごしていたけれど、ちょっと回復して元気になってきて勉強をやり始めるようになった。

 

けれど、勉強をやり始めるとわからない問題が多かったり、このまま受験勉強ができるのかなと不安になったり、そういう別の現実に直面し、それによって、悩む・不安になる・落ち込むということがあります。

 

「何をやってもうまくいかない」のではなく、回復してきたからこその悩みですので、よくあることだと思って、「回復しているからこその悩みなんだ」というふうにまずはとらえてあげて下さい。

 

よく「階段」に例えるのですが、階段を1段のぼると2段3段とのぼれそうな気もするのですが、1段目を登る時に使ったパワーや時間と同じくらいの労力を2段目3段目でも必要とする子は多いです。

 

「1段のぼった」「元気になってきた」だからといって2段目3段目を焦らないように、大人がしっかりとセーブしてあげて下さい。

 

元気になってくると、「一気に取り返そう」「遅れた分をなんとかしなきゃ」と考える大人も子どもも多いのですが、「回復しかけ」の時は非常にデリケートな状態で、今まで見てこなかった世界に直面するわけですから、そこは大人が焦らないように過ごさせてあげて下さい。

 

階段は1段ずつしかのぼれないので、仮に本当に「回復しきっている子」は一気に何でも手につくようになる子もいますが、「回復しかけ」の状態の時には、本当に焦らせない方がいいと思っています。

 

1段目がのぼれたのに、なんで2段目3段目がスムーズにのぼれないんだと思わないように、回復しているからこその悩みというふうにとらえてあげて、次の悩みについては「じっくりと時間をかけて取り組んでいく」ぐらいの気持ちをまずは大人が持つことが大事です。

 

動画はこちら

 

ご相談はこちら

なにをどこへどう相談したらいいのかわからない…
そのような方こそ、ぜひお気軽にお問い合わせください。不登校の原因が様々であることは言うまでもありませんが、その後の対応も環境や状態によって様々であり多岐に渡ります。

 

どのような状況でもあきらめることなく、確実に前進できるようにサポートさせて頂くことがREOの使命です。

 

悩みをひとりで抱えることなく、まずはお話を聞かせて下さい。

 

ご相談はこちら

 

関西にお住まいの方はこちら

ブログ一覧へ
Copyright (C) REO. All Rights Reserved.